株式会社ダイケングループ

ダイケングループ 環境管理システムコンサルタント活動


株式会社ダイケングループ
自然環境、生活環境、人工環境の調和と共存を見つめて」を基本理念に
 より安全・快適な地球に優しい暮らしの実現をめざして

  Topics
BOMS ビル・オンライン・マネジメント・システム
テナントクレーム、設備故障、エネルギーデータ、日報などの日常ビル情報を、ネットワークを通じてデータセンターに集約マネジメントに活用する独自のシステムです。
環境維持保全
農薬や廃液による河川の汚染、排気ガスや煤煙による大気の汚染など、自然はつねに汚染の危機にさらされています。人間の生存にも多大の影響を及ぼしかねない、こうした環境問題にも、ダイケンの技術がさまざまなかたちで役立っています。 その一つが、南の楽園・グァムでの水処理プラント。海水から真水をつくる水処理技術で美しいグァムの環境対策に貢献しています。また、人体に有害なアスベスト(石綿)問題、河川の汚染やプレーヤーへの影響が心配されるゴルフ場の農薬問題でも、機器によって詳細な測定・分析を実施。必要な場合は対策を立案し、環境汚染を未然に防止しています。 このほか、微生物管理にも力を入れて取り組んでおり、全国各地の集中治療室IC工場、食品工場などのクリーンルームで活躍、多大の信頼を得ています。
ライフサイクル思考で
ビルの建築はとかく、デザイン、機能性、インテリジェント性などに目を奪われ、建築後のライフサイクルには、あまり注意が払われていませんでした。しかし、ビルも生き物。ライフサイクルを視点に入れて設計し、建築した建物と、そうでない建物とでは、ビルの寿命はずいぶん違います。マネジメントをきちんとすれば、優に10年以上の差は出るとさえ言われているほどです。
 


株式会社ダイケングループ